ロンドンうろうろ歩き~シャーロック・ホームズ博物館でプチドッキリに遭う

今日もホテルの朝食。そしてパンケーキ!

使いきりのメープルシロップもありました。目玉焼きの左上にある茶色い半円形のパッケージがそれです。欲張って2つ持ってきた。

ベーコンと目玉焼きとキノコとハッシュドポテト焼きトマトはもはや欠かせない。

フルーツも付けて、朝から豪華だー。

f:id:mikawayaemi:20180318044037j:plain

 午前中は姪っ子を連れてサマーセット・ハウスへ。The World Illustration Awardsという、国際的なイラストレーション賞の展示が催されているのを、先日見つけていたのです。

絵を描くのが好きな姪っ子は興味を持ってくれて、元気のある時に行きたいと言っていたので、1日おいて実現しました。

Somerset House |

theaoi.comThe World Illustration Awardsについては、前々回のブログをご参照下さい。 

mikawayaemi.hatenablog.comホテルからはサマーセット・ハウスまでは、歩いてだいたい25分くらい。

この日もお天気がよく、まだ淡い朝の陽射しのもと、テムズ川沿いの道をおしゃべりしながら歩く。

普段は離れて暮らしているからか、話題は尽きません。気が置けない相手とのとりとめのない会話は、誰かと分け合える最良の幸福のうちの一つだと思う。

f:id:mikawayaemi:20180322174109j:plain

展示はサマーセット・ハウスの本館ではなく(なにしろ一大プロジェクトで建てられた建築物のため、やたら広い)、一角にあるギャラリーで催されていました。

入場料は、ありがたいことに無料。イギリスでは、美術館・博物館は入館料が無料なことが多く、その一環かと思います。

一方で、動物園は日本と比較すると高いです。通常の入場料にプラスして、任意での寄付も含めると3000円くらい(施設によってはもっと)になります。

(日本の動物園の場合、サファリパークや遊園地を併設しているような民営の園を除けば1000円以内の価格帯にほぼ収まっており、無料のところも少なくありません)

生き物をしっかり世話して、かつ展示してみせることにはむちゃくちゃコストがかかりますものね。そのコストを誰が、どうやって担うのかを明確にするという、施設運営の考え方の違いを感じます。

事前にオンラインでチケットを購入するとお安くなりますし、寄付は任意なので払わないことも可能です。ただ市井の動物好きとしては、応援の意味をこめて寄付込みで買うようにしています。

話を戻してサマーセット・ハウス。

受付には、いかにもアート系という雰囲気の、細身で繊細な面差しの青年が座っていました。あんまり構ってないっぽい長めの髪、真夏だというのにカーディガン(室内は寒いもんね)、ラムネの瓶みたいな透明感のある緑色の瞳・・・キュート!ソーキュート!

Helloと声をかけたら、ニコリと微笑んだ顔が、なんというかこう“萌え”だったわー。

置いてあったフリーペーパーやリーフレットをいただきました。見た目にも楽しく美しく、内容も充実しており、奥の新聞みたいなやつは未だに読みきれてません。

f:id:mikawayaemi:20180322172127j:plain

ポップなもの、絵本タッチのもの、切り絵など立体的な手法を用いたもの、アニメーションもあり、いろんな表現方法があるものだなーと感心するし面白いし、姪っ子も喜んでいて、行って良かったです。

重いテーマの作品も出展されていました。特に印象に残ったのが、ボートピープルを描いたベトナムの16歳のアーティストが作ったアニメーションでした。

若さにも驚きましたが、墨絵風のモノクロアニメが新鮮で、美しい画面でつづられる悲痛な物語に、いや現実に、とてもショックを受けました。

会場はかなり賑わっており、出口付近には来場者がメッセージを残す用のボードが置かれていて、いろんな言葉で書かれたコメントが一面に貼られていました。私も一言残してみましたよー。

毎年開催されているようなので、時期が合う方は是非行ってみて下さい。

芸術鑑賞、というほど堅苦しくないカジュアルな空間が心地よく、思いのほか楽しめたので、日本に帰ってからも以前より気軽に展覧会に出かけるようになりました。

サマーセット・ハウスを出た頃には、お昼近い時間になっていました。

そこでホテルに戻りつつ、ぶらぶら歩こうとなり、行き道で気になっていたテンプル・ガーデンズをお散歩しました。

芝生のある小さな公園で、半裸で日光浴する人あり、ピクニックランチする人あり、犬の散歩をする人ありと、みんな思い思いに過ごしていました。

インナー・テンプル・ガーデンズとミドル・テンプル・ガーデンズの間にあるミドル・テンプル・レーンを進んでいくと彫像の飾られた建物があり、通り抜けてその奥へ行くことができます。

f:id:mikawayaemi:20180322222733j:plain

帰り道の方角はぼんやり分かっているので、気の向くまま辺りを散策してみました。

なにげない路地にグッとくる。

f:id:mikawayaemi:20180322223832j:plain

ちょっとしたスペースに屋台が並んでて、いい匂いがしてた。美味しそうだったー。

f:id:mikawayaemi:20180322223909j:plain

なにやら歴史ありげな(イギリスはやたらそういう建物ばっかりだけど)街並み。

f:id:mikawayaemi:20180322224128j:plain

レリーフの一つをアップで写してみました。文章はおそらく古語の英語だと思います。でなければラテン語でしょうね。紋章を画像検索で調べてみましたが、何も出てこず・・・どのような歴史があるのか分からなかったので、詳しい方の情報をお待ちしています。

f:id:mikawayaemi:20180322224149j:plain

午後からは、母と姪っ子を引率してシャーロック・ホームズ博物館へ。

THE SHERLOCK HOLMES MUSEUM - THE OFFICIAL HOME OF SHERLOCK HOLMES

 最寄り駅はBaker Street。そう、シャーロック・ホームズの住所「Baker Street 221」です。きゃー、ときめくー。

4路線も走っているので行きやすいです。

ベイカールー・ライン、メトロポリタン・ライン、サークル・ライン、ハマースミス&シティ・ラインの4路線で、私たちはサークル・ラインでエンバンクメント駅まで行き、ベイカールー・ラインに乗り換えました。

そのままサークル・ラインに乗っていても着きますが、その名の通り環状線なので、遠回りになってしまうのです。

ホームに到着!テンション上がるわー。

f:id:mikawayaemi:20180329232548j:plain

地上に出ると、さっそくあの方が。

f:id:mikawayaemi:20180329232620j:plain

世界でただ一人の諮問探偵でっせ。

彫像に向かって右に曲がり、その次の角をまた右に曲がってしばらく行くと、シャーロック・ホームズ博物館が見えてきます。

f:id:mikawayaemi:20180329233113p:plain

人だかりがあるから、すぐに分かります。

f:id:mikawayaemi:20180330010558j:plain

博物館の入り口に立っている、スコットランドヤードに扮したナイスガイ。

f:id:mikawayaemi:20180329233526j:plain

見よ、このフォトジェニックぶり。表情がたまりませんな。

名物キャラらしく、みんな次々に写真をお願いしてました。姪っ子もこの旅一番のテンションアゲアゲではしゃいで写真を撮っていました。

私は「あなただけで撮りたいの、その方がクールだから」という謎理論で彼を説得し、単独で撮影。

入り口の右隣にミュージアムショップがあり、チケットはそこで購入します。

料金は大人が15ポンド(約2240円)、16歳以下の子供は10ポンド(約1500円)です。

こんな感じのチケット兼パンフレットをくれます。日本語版もあるのが嬉しい。

ごく簡単な展示の説明が記載されています。

f:id:mikawayaemi:20180330000353j:plain

f:id:mikawayaemi:20180330000436j:plain

f:id:mikawayaemi:20180330000450j:plain

玄関を入ってすぐ。ボケてて申し訳ない。

f:id:mikawayaemi:20180330001559j:plain

狭い階段を上がると、

f:id:mikawayaemi:20180330001854j:plain

おお・・・銃痕で描いたVRが

f:id:mikawayaemi:20180330002257j:plain

ホームズさんちの居間、シャーロックの椅子と

f:id:mikawayaemi:20180330002847j:plain

向かいにはジョンの椅子。

f:id:mikawayaemi:20180330002919j:plain

かーなーり混んでいるので、すき間を縫って撮るのがやっとでした。

シャーロックのベッド、思いのほか小さい。

f:id:mikawayaemi:20180330003234j:plain

カンバーバッチ・シャーロックで考えると小さすぎだけど、RDJ・シャーロックで考えるとちょうどいいのかしら、グラナダ版のジェレミー・シャーロックなんてカンバーバッチより背が高いしな・・・などと思ってみたり。

不敵に微笑むSir アーサー・イグナティウス・コナン・ドイル

f:id:mikawayaemi:20180330004309j:plain

先生の書斎、たぶん。

f:id:mikawayaemi:20180330004523j:plain

飛び出すバスカヴィル家の犬3D、顔が可愛い。

f:id:mikawayaemi:20180330004615j:plain

片隅にたたずむビリー君

f:id:mikawayaemi:20180330004736j:plain

名場面を蝋人形で再現した展示もあり

f:id:mikawayaemi:20180330005349j:plain

f:id:mikawayaemi:20180330005420j:plain

f:id:mikawayaemi:20180330005436j:plain

原作小説を最近読破した姪っ子が、「あの話のあの場面だよ!」と解説してくれる。

さすが、ここに来たいと言い出しただけある。

モリアーティ教授は禿げあがっていた。

f:id:mikawayaemi:20180330005703j:plain

マダム・タッソーの国だけあって、リアルテイストの蝋人形がそこかしこに置かれているのですが、あるソファの前を通り過ぎた時、座っていた人形が突然動き出したのです!

正体は入り口にいたヤードマンでした。

「ほわぁっ!!!」と声を上げて飛び上がった私を指差し、「ウェーイ」的にニヤつくヤードマンに、思い切り日本語で「おい!」て言ってもうたわ。

「Ha Ha Ha(超うける~)!」と笑い続ける、とにかく明るいヤードマン。安村か、あんたは安村なのか。

「Don't do it again(二度とやるなよ)!」て言ったら、「OK~」とか言ってたけど、あいつ次の人にまたやってたわ。

気を取り直して進んでいくと、階段の踊り場にトイレがあるという謎の間取りでした。水洗ぽいけど、汚水の処理はどうしてたんだろうか。

意外にもホームズさんちのお手洗いは可愛い。ハドソン夫人の趣味なのかも。

f:id:mikawayaemi:20180330010017j:plain

トイレの反対側に目を向けると、展示はここで終わり。天井にしまわれた旅行用トランクがありました。これ持ってダートムアとか行ったのかしら。

f:id:mikawayaemi:20180330010222j:plain

博物館の後はお隣のショップへ。

なんとロシア版ホームズのマトリョーシカが!非売品でした・・・売り物だったら確実に買っていたので危なかった。

f:id:mikawayaemi:20180330012401j:plain

ロシア版は、海外ドラマが視聴できる有料チャンネルのAXN系列の、AXNミステリーで見れるみたいです。DVDも入手困難だし、加入しようかしら。

https://www.mystery.co.jp/programs/sherlock_russia

これもボケぎみですが、ポップなカラーのキャンディがありました。たくさん買って並べたい。

f:id:mikawayaemi:20180330013122j:plain

スノードームみたいなのもあって、ショップだけど見てるだけで楽しい。

f:id:mikawayaemi:20180330013236j:plain

あとショップに行く時は、地下にあるお手洗いを利用するのをお勧めします。無料で使えてきれい&すごくクラシカルな雰囲気が素敵なのもあるんですけど、トイレの窓からしか見られない展示があるんですよ!

すみません、詳しくは覚えてないのですが、シャーロックのプライベートルームだった気がする・・・

気になる方は、行って確認してみて下さい。原作派だろうと、グラナダ派だろうと、映画派だろうと、BBC派だろうと、ホームズ好きなら何らかの楽しみを見つけられるところです。

私は行ってよかった!ていうか、原作を読み返して、映像作品もチェックして、再訪したい。きっともっと楽しめるはず!

以下はショップで買った自分用お土産です。

f:id:mikawayaemi:20180330014244j:plain

トートバッグ、オフィシャルブック(英語版、超がんばって読んでます)、缶バッジ、ボールペン。ペンには「Elementary my dear Watson(初歩的なことだよ、ワトソン君)」と書かれています。

ショップの袋もカッコいいのですよー。

まだ大事にとってあるの。

f:id:mikawayaemi:20180330014301j:plain

帰り道に寄った駅の近くの土産物屋にいたパチモン風ホームズ。

どことなくジョージ・クルーニーに似ているので、我々は彼をジョージと名付けた。

f:id:mikawayaemi:20180330014754j:plain

 Baker Street駅はマダム・タッソーの蝋人形館の最寄駅でもあり、余裕があったら行こうかなんて話していたのですが、もうすごい行列で・・・

館の周囲を人が埋め尽くしている感じでした。ひと目で「こらアカン」と思った。

ネットでチケットを買っておいて、朝イチで来るくらいの気合がないと、入るまでに力尽きそうです。ここも次回に持ち越し。

夕食はホテル近くのお寿司と弁当のレストラン「Wasabi」のテイクアウェイで、チキンヌードルとサーモン握りとサーモン巻きを購入。美味しいけど多かった。チキンヌードルは一番小さいサイズでよかったかも。

Wasabi

f:id:mikawayaemi:20180330014728j:plain

Wasabiは和食メインみたいで、照り焼きチキンとか、焼きそばとか売ってました。

あとカレーも売っていて、カウンターのお兄さんがインド系だったからか、猛烈に美味しそうに見えた・・・お兄さんは笑顔がさわやか&かっこよかった。

午後いっぱい動いたせいか、母と姪っ子は疲れたようでさっさと眠ってしまう。

なんで私だけ元気なんだろう?ふしぎ。

2人は明後日に日本に帰るから、最後の気力を振り絞って朝からバッキンガム宮殿で衛兵交代式を見学、母の希望でノッティングヒルへ行った後に、ポートベローでお買い物をする予定です。・・・途中でへばらないかな?へばるだろうなー。

最終日を無事に、かつ充実したものにするべく、もうひと踏んばりです。

では。

ロンドンうろうろ歩き~オックスフォードで買い物ざんまい

前回の更新から3カ月弱間隔があいてしまった・・・

年明けから忙しめのところで働き始めたので、滞ってしまいました。

とにかく、今年中にはイギリス旅行記を書き終えるのを目標とし、サクサク更新を目指します。

さて、ロンドン2日目の朝。

オプションで利用できるホテルの朝食バイキングを食べてみました。

かなりメニューは豊富で、パンも複数から選べるし、ジャムの種類もたくさん。

マフィンとオートミールも付けてみました。

卵やベーコンなどは、ホットプレートの置かれたコーナーがあり、常時温かく保てるようになっており、そこにはパンケーキもありました。

飲み物もコーヒー・紅茶・ミルク・ジュースと取り揃えられています。

焼きトマトはお約束ですね。

f:id:mikawayaemi:20180315233104j:plain

なかなか美味しくてお代わりをしたので、かなり満腹になりました。

午前中は一人で近所をウロウロ。

なんとなく散歩をしていたら、BBCシャーロックファンにはお馴染み、“バーツ”こと聖バーソロミュー病院を発見しました!

f:id:mikawayaemi:20180315234515j:plain

ああ・・・シャーロックがここから・・・視聴時の衝撃を思い出すと胸が詰まるわ。

まったく意識せずに歩いていて出会ったので、感激もひとしおでした。

f:id:mikawayaemi:20180315234719p:plain

ロケ地めぐりだけでなく、ドラマに関するニュースや公式グッズ、さらに小ネタ情報もありと盛りだくさんなこちらのサイト「BBC Sherlock Japanese Fansite」がとても参考になります。

BBC Sherlock Japanese Fansite

実は旅から帰ってからサイトの存在を知ったため、次回イギリスに行く時こそめっちゃ活用する予定です!

興奮冷めやらぬまま、バーツからも見えていた、すぐ近くにある聖ポール大聖堂を見学し、横にある公園で詩人ジョン・ダンの胸像を見つけました。

f:id:mikawayaemi:20180316000424j:plain

f:id:mikawayaemi:20180316000500j:plain

ジョン・ダンは近世の詩人で、後半生はイングランド国教会の司祭にもなった人だそうです。

特にイギリス文学に明るいわけではない私が、なぜこの人を知っているかというと、はい映画の影響ですね。

「人間は、各個人が離れ小島のように孤立した存在ではなく、みんなが大陸の一部である」という感じの詩が、映画「エンジェル・ダスト」で引用されていたのが印象的で、ずっと記憶に残っています。

連続殺人事件を捜査することになった、南果歩が演じる異常犯罪性格分析官の須磨節子と、かつての恋人で逆洗脳士という怪しい肩書の若松武演じる阿久礼の対決が、とてつもない緊迫感と危うさに満ちています。

石井聰亙監督の映像美学とあいまって、独特のトリップ感のある不思議な味わいの作品です。

今ではプレミア価格になってしまっているようですが、レンタル店をじっくり掘れば見つかるかも。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005NDHE/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00005NDHE&linkId=a1e188a4818489844963a857b02b3e89

須磨「人間はみんな、離れ小島じゃないのよ」

阿久「覚えていてくれたんだね、ジョン・ダンの詩」

などと「エンジェル・ダスト」劇中の2人の台詞を物まねしつつ、さらに歩くことしばし。

サイエントロジー教会ロンドン支部(たぶん)を見つけてしまいました!

どれだけの方がご存知なのでしょう。あのトム・クルーズジョン・トラボルタも入信しているという新興宗教なのですが、なかなか問題のある教団なようで、少し前にどす黒い感じの暴露がありましたねー。

映画評論家でありコラムニストでもある町山智浩さんによると、サイエントロジーは『7500万年前、宇宙はジヌー(XENU)という名の邪悪な帝王に支配されており、その世界で人口が増えすぎたので、ジヌーは手下の精神科医に薬を使わせて人々を眠らせて冷凍し、輸送機で地球まで運搬し、火山の火口に投げ捨てて水爆で爆破して始末した』という伝説を教義の一つとして信じているのだそうです。

公式サイトも見てみましたが、概ねそういう主張でした。私としては「なに言ってんの?」という気持ちなので、リンクは貼りません。自己責任で調べてみて下さい。

かなり立派な建物で、人の出入りもそこそこある。

f:id:mikawayaemi:20180316004644j:plain

サイエントロジーのガイダンスを流し続けているスクリーンもありました。

人気がなくなったすきを狙って接写。

f:id:mikawayaemi:20180316004742j:plain

腹に一物あるヤジウマとばれないうちに、とっとと退散。

いったんホテルへ帰り、TESCOで買ったお昼を食べて、午後からは姪っ子を連れてお買いものです。

地下鉄のピカデリー・サーカス駅からオックスフォード・サーカス駅まで、ぶらぶらウィンドウショッピング。

ピカデリー・サーカス駅はピカデリー・ラインとベイカールー・ラインの2路線が通っています。

オックスフォード・サーカス駅にはベイカールー・ライン、ビクトリア・ライン、セントラル・ラインの3路線が通っているので、オックスフォード近辺に出かけるなら、こちらの方が便利かもしれません。

オックスフォード・サーカス駅の出口がある道がオックスフォード・ストリートで、ここにもさまざまなショップが立ち並んでいます。

f:id:mikawayaemi:20180316005954j:plain

こういう光景、テレビとか映画で見たね!とキャッキャする我々。

f:id:mikawayaemi:20180316010611j:plain

f:id:mikawayaemi:20180316010625j:plain

姪っ子が「Superdry 極度乾燥(しなさい)」というブランドショップに吸い寄せられ、甘すぎない可愛らしさとリーズナブルさに、すっかり釘付けに。

このブランド名、日本人からしたら奇妙に感じるのですが、イギリス発のブランドで世界中で大流行しており、日本での知名度は高くないものの、ネット界隈でじわじわ知られてきています。

ところが商標登録の関係で、日本には出店しないし、直送もしないんだそうです。

ただ、こちらのサイトから購入できますので、興味を持った方はどうぞ。

BUYMA.com 極度乾燥しなさい Superdry を海外通販!

このサイトで見ると、カジュアル服としてはいいお値段ですね。イギリスで安かったのは、関税がかかってないからか、セールだったからか・・・

それから、地下1階&5階の全6階がまるごとユニクロになっているというビルにも行ってみました。日本にもユニクロあるけど、6階全部が売り場なんてめったにないし、土産話にねーなんて言ってたのに、まんまとハマり、ドカドカ買う。

イギリスにしか売ってないものがあるし、なによりセールでめちゃめちゃ安かったので。

トップス1枚で2~3ポンド(300~450円)くらい。姪っ子はきれいなレモンイエローの花柄ワンピースを買ってました。

私は可愛いものが大好きなのに似合わないシャープ系(というと聞こえはいいが、眼光が鋭く、黒い服を着ると『殺し屋みたい』と言われる。昔、アロハシャツを着ている時に町で会った母に声をかけたら『チンピラにからまれた!』と勘違いして逃げようとした。人相が悪いわけでもないのになぜかしら?と姪っ子に聞いたところ『なんか・・・存在が・・・』という曖昧だが鈍器のような重みのある答えが返ってきてちょっと傷ついた)なので、スイートなお洋服が似合う姪っ子がすごく羨ましいし、いろいろ選ぶのも楽しい。

その花柄ワンピースが素晴らしく良く似合っていたので「可愛いよー!!!超似合ってるよー!!!!」とテンションをぶち上げる私に、声おっきいし、そんな褒められても・・・と照れ臭そうにする姪っ子。

そして言葉は分からないながら、我々の雰囲気から会話を察し、微笑ましそうに見ているマダム。

ああ、幸せショッピング空間。これぞNO BORDERやわ。想像してごらん、国境などないんだと・・・

ショッピングの途中でワゴン売りのソフトクリームを食べましたが、お腹がすいてきたので、姪っ子のリクエストでおやつを食べにマクドナルドへ行くことにしました。

ここで小さなトラブルがありました。「フライドポテトが通じない」問題です。

わりと有名な話ですが「フライドポテト」は和製英語なので、ネイティブには伝わらないのです・・・

私と姪っ子は別々の店員さんに対応してもらったのですが、幸いにも私を担当してくれた店員さんは優しい方だったので、「Fried poteto、じゃなくてFrench fries?」で分かってくれましたが、姪っ子を担当した方はあまり親切ではなく、姪っ子の注文を受けて、なにやら不機嫌そうに首を振っていました。

目線で助けを求められ、傍に行って事情を察した瞬間、ひらめくように思い出しました。

イギリス英語でフライドポテトはChipsだったわ・・・!

ようやく注文が通った時には、姪っ子はややぐったりしてました。

で、席を探す時にもトラブル第2弾が。

けっこう混雑していたため、最初は立ち食い席にいたのですが、複数人が座っている大きなテーブルに2つ空きを見つけたので、そこへ行って空いているか尋ねたところ、行き違いが生じてしまったのです。

「座ってもいいですか?」と聞こうとして、「Can I have a seat here?」と言い、「No」とだけ答えられたため、空いてないんだーとその場を去ったのですが、それを見ていた別のご婦人が、「ここ、誰もいないわよ、空いてるわよ」と教えてくれました。

「No」と答えた人は気まずげに目を伏せていたので、意地悪されたのかな?とその時は考えていましたが、後になって、聞き方が悪かったのが分かりました。

こういうシチュエーションで一般的に使われるのは、「Is this seat taken?(この席、埋まって(取られて)ますか)」や「Do you mind if I sit there?(そこに座ったら駄目ですか)」という言い方で、どちらも「No」で答えると、座ってOK☆てことになるんです。

その人、スマホをいじっていたので、聞き流しつつ定型の返事をしたら反対の意味になっちゃったみたい、でも言い訳するのも・・・とか思ってるうちに、別の人が助けたからまぁいいか、て感じだったんでしょう。

こういう、あたりまえに使われている慣用句的な言い回しを身に付けるのが次の課題ですな。

日本語でも、教科書やニュースキャスターが使うような正しい日本語は、必ずしも日常で話されるリアルな言葉ではないですもんね。

日々精進ですわ。

お腹を満たしたら、お手洗いに行きたくなりました・・・そうです。マクドナルドにはありませんでした。

通常の店舗にはあるのでしょうが、私たちが入ったのが商業ビルの中に入っているミニマクドナルド的なやつだったので、近くには見当たらず。

ビルの中をしばしさまよいましたが、見つけられませんでした。

そこで、散策中に見かけたコイン式公衆トイレにチャレンジしてみるかとなったのです。

写真は撮らなかったです・・・外観からしてすごく、汚かったので。

「このトイレ、生きてる?」

人生で初めて発する問いを口にしました。

「わかんない・・・」

姪っ子はドン引きです。

「とりあえず、お金入れてみるよ」

50セント、だったと思います。開けてみて、中があまりにもあまりだったら、そのまま使わずに閉じよう、50セントは犠牲になったのだ、と思うことにしました。

チャリン。

はい、開かない。

お金を入れると、そのままお釣りが出るっぽいところから返ってきました。

「このトイレは・・・」

「・・・死んでいる」

どうしようか、と困っていたら、姪っ子が通りの向こうにある大きなデパートを指差しました。

「あそこならトイレありそうだよ!」

なるほど、非常に古式ゆかしい佇まいの由緒ありげな高級デパートがそこに。

Selfridges(セルフリッジズ)という高級百貨店チェーンなのだそうです。

グッチとかジバンシーとかテナントに入っちゃってますぜ。

イギリス王室御用達のフォートナム&メイソンの、ディスプレイが美しすぎる紅茶店もありました。内装も商品も、すべてが輝いていたよ!

日本からでもオンラインショップで買い物ができるみたいです。

Designer Fashion, Accessories & More - Shop Online at Selfridges

ブログのためにグーグルマップで検索してて気づきましたが、回転寿司チェーンYo!Sushiも入ってるんですね。案外庶民派なところもあるのかしら。

YO! Sushi - fresh Japanese street food and sushi restaurants

鋭い方はすでにお気づきでしょう、下の地図を見ると無印良品もあるんです。

f:id:mikawayaemi:20180316015510p:plain

これには姪っ子が喜びました。「日本だ・・・懐かしい」とロンドン留学中に神経を病んだという夏目漱石が言いそうなことを、大変しみじみとした口調でつぶやいておりました。

休みたいというのでホテルに置いてきた母もですが、この子も疲れがたまっているんだなぁ、と思わされました。

元気なの、私だけだな?

無印良品でしばし望郷の念に浸り、お買い物を存分に満喫した我々はホテルに戻ったのでした。

夕飯は、もちろん俺たちのTESCOです。

翌日は姪っ子リクエストによりシャーロック・ホームズ博物館です。

写真をいっぱいあげますね。

では。

チェスターからロンドンへ~妄想を道連れにすると旅はより楽しい

チェスター3日目の朝は、昨日に引き続いて晴天。

今日はロンドンへの移動です。

チェスター駅を12時35分発の列車だから、チェックアウト時間までのんびりしてからホテルを出ました。

チェスターに来た時はNational Expressのバスでしたが、チェスター・ロンドン間は鉄道の方が早く着くため、そちらを利用することにしました。

到着予定は14時39分で、ほぼ2時間。バスだと5時間半くらいかかります、しかも料金も高くなってしまうのです。

時間帯によって違いますが、私が利用した2016年8月時点で列車では16ポンド(約2400円)、バスでは安くても25.7ポンド(約3900円)でした。

ただ列車は時間帯割引に加えて、グループ割引も使えたため、かなりお安く購入できたというのもあります。

大人2人、子供1人の3人でもグループ割引が利用できました。2人から使えるかどうかは分からないです。

このブログを前から読んでくれている方ならご存知でしょう。イギリスでは列車もバスも時間帯によって料金が相当変わってきますので、可能であれば各運営会社のサイトから直接購入するのをお勧めします。半分どころか、何分の一かの料金になることもあります。

列車のチケットはこちらから

Buy Cheap Train Tickets & Find Rail Fares and Times - Virgin Trains

バスのチケットはこちらから

Coach Travel & Airport Transfers | National Express Coaches

上記のNational Expressとは別に、ヨーロッパ各国やアメリカで運行している「メガバス」というバスがあり、National Expressよりも乗降できるバス停が少ないものの、かなり安価で利用できます。

行きたい場所にバス停があればラッキーという感じで、私はロンドンからカーディフに行く時に乗りました。なんと3ポンド(約450円)!

最近は値上がりして5ポンドから12ポンドくらいになっていますが、それでも破格です。

UK Coach Travel - Cheap Coach Tickets from £1.50 | megabus.com

列車でロンドンからカーディフに行く場合は、今ちょっと調べたところ最安値で46.5ポンド(約7000円)ですから、9倍とかですよ・・・

このように、選ぶ交通手段によって全く違ってくるので、事前に綿密な下調べをした方がいいです。

めんどくさい、という方はお声がけ下さい。旅程に基づいた交通手段をお調べします、調査料はお安くしときますよ!

さて旅に話を戻して。

ホテルから駅までは歩いて30分ほど。やや距離がありますが、昨日別行動をした母から、観光客向けではない商店街ぽいお店が並んでいて、すごく可愛い文房具屋でお土産を買ったと聞いていたので、駅に向かいがてらウィンドウショッピングしようとなりました。

街のシンボルである時計台をくぐり、トコトコ歩くと件の文房具屋が見えてきました。

明るくカラフルな店内に、文房具だけでなくパーティの飾りやバッグなどの雑貨も並んでいました。

こういうお店大好き。けっこうじっくり見て回り、文房具セットとノートを2冊買いました。

f:id:mikawayaemi:20171214232725j:plain

こちらの昆虫柄セット、実は母がピアノ教室の生徒さん用に買ったのと同じものなので、小学生男子とお揃いです・・・

だってかっこよかったから!もったいなくてまだ開けてません。

f:id:mikawayaemi:20171214232949j:plain

リング式ノートも昆虫柄。

f:id:mikawayaemi:20171214233055j:plain

「ruled pages」は「罫線付き」ということです。これも昆虫柄。

こちらは断面図にも柄が入っているのがポイントです。

f:id:mikawayaemi:20171214233207j:plain

他にも可愛いものいっぱいあったけど、昆虫が超COOLだぜ!と思ってテンション爆上げだったんですよね、この時。ていうか今も思ってる。

お買い物したり、デパートをのぞいたりして、チェスター駅に着いたのは11時15分でした。

 駅舎はクラシカルな趣があり、左右対称の造りが美しかったです。

f:id:mikawayaemi:20171215000041j:plain

f:id:mikawayaemi:20171215000211j:plain

駅の中はなかなか広く、いくつもベンチが設置されており、無料で利用できるトイレもあって、過ごしやすい雰囲気です。

f:id:mikawayaemi:20171215000232j:plain

売店で軽食が買えるし、ATMがあるのも便利。

ちょうど空港で両替しておいたお金が終わりそうだったので、引き出してみました。

日本の銀行で使っているキャッシュカードでは引き出せませんが、あらかじめ作っておいたVISAデビットカードを使用しました。クレジットカードでも同様に引き出しができるみたいです。

カードの裏面に「PLUS」のマークが付いているものは、海外のATMでも引き出しできるのだそうです。

噂によると、海外のATMはカードが機械に飲み込まれたり、お金が出てこないのに記録上では引き出したことになってしまったり、最悪は引き出したところを強盗に遭ったり、というトラブルが起きると聞いていたので、これまで利用していなかったのですが、人通りがそれなりにある駅で、かつ何かあったら駅員を頼ればいいだろうという判断の下、チャレンジしてみました。

結果、何事もなくシワシワのお札が出てきました。ひと安心。

列車はほぼ定刻に出発し、だいたい予定通りにロンドン・ユーストン駅に到着。

地下鉄を乗り継いで、Blackfriarsへ。

経路はユーストン(Euston)からNorthern LineでEmbankmentへ、District LineまたはCircle Lineに乗り換えてBlackfriarsに到着。

駅構内には案内板がそこらじゅうにありますので、日本の都市の電車に慣れている方なら余裕だと思います。

さらに便利なのは、地下鉄構内の各所に置かれている「Tube map」です。

f:id:mikawayaemi:20171224173224j:plain

今はデザインが変わっていると思いますが、かっこいいのか怖いのか、ちょっとホラーテイストのあるこの表紙、好きです。

四つ折りの小冊子になっていて、開くと路線図が描かれています。

f:id:mikawayaemi:20171224173946j:plain

裏面に書かれている駅名から、路線図上での位置を検索できます。f:id:mikawayaemi:20171224174041j:plain

タテ15センチ・ヨコ7.5センチで手のひらに載るくらい、ポケットに入れて持ち歩けるサイズです。

構内の案内板の下にはたいてい置かれており、無料でもらえます。

観光客の中には知らない人もいるので、地下鉄内で迷っている人に他の駅への行き方を聞かれ、何回か手持ちのものを差し上げました。

ホテルはこれまでいろんな街で見かけたプレミア・インというホテルチェーンの一つでした。

Premier Inn Hotels | Book Direct for our Saver Rates

1人1泊6500円ほどで、ロンドン中心部としてはお値打ちです。

部屋はそれほど広くないですが、浴槽のあるバス付きが嬉しい。あとホテル1階のレストランで食べられる別料金の朝食バイキングがなかなか美味しいです。

すぐ近くに我々が愛する激安スーパーTESCOがあるのも心強い。

チェックインして荷物を置いたら、再び地下鉄に乗ってビッグベン見物へ。

最寄り駅のWestminsterへはDistrict LineでもCircle Lineでも行けます。

f:id:mikawayaemi:20171215023120j:plain

いい感じにダブルデッカーも入れた写真が撮れました。

f:id:mikawayaemi:20171215023204j:plain

駅名から分かるように、ウェストミンスター寺院も近い。

f:id:mikawayaemi:20171215023619j:plain

すでに閉まっていたので、中には入れませんでした。

ウェストミンスターは閉まるのが早く、通常は15時、水曜日は18時までと看板に書いてありました。

しかも季節や行事によって変動するらしく、正確な情報は公式サイトでチェックするのが確実です。

Westminster Abbey » Entry Times

寺院前の芝生では、人々が思い思いにくつろいでいました。

f:id:mikawayaemi:20171215024234j:plain

観光地のど真ん中に、こういうスペースがあるのはいいですね。

ここでまた母と姪っ子が疲れたと言い出し、ホテルへ帰る2人とは別行動です。

あてもなくブラブラ歩いていると、王室騎兵隊の司令本部があるホース・ガーズの前を通りがかった時に偶然衛兵の交代式を見ることが出来ました。

f:id:mikawayaemi:20171215032409p:plain

ちなみに門の横に馬のフンがめっちゃ落ちてました、掃除はあんまりマメにしないんだろうか・・・

ビシッと決めた騎馬隊のお兄さんが立っていて

f:id:mikawayaemi:20171224212959j:plain

奥からも手前のゲートからも人が来て交代します。

f:id:mikawayaemi:20171224213058j:plain

あまり長い時間の式ではなかったですが、有名なバッキンガム宮殿の衛兵交代式と違って、柵もないし間近で見られて興奮しました。

すごいカジュアルに観光客が衛兵さんの進路に入って写真を撮るので、お巡りさんが時々注意してた。それも「あー、邪魔しちゃだめだよー」くらいのゆるい感じ。

そこからトラファルガー広場まで歩きました。

f:id:mikawayaemi:20171224214046p:plain

周りがだんだん賑わってきて、観光地らしい雰囲気です。

f:id:mikawayaemi:20171224214158j:plain

BBCシャーロックで見たまんまだ・・・!!!と内心ムハムハしてました。

f:id:mikawayaemi:20171224214458j:plain

広場の前にはナショナル・ギャラリーがあります。

f:id:mikawayaemi:20171224214600j:plain

これから入るには遅い時間だったので、ちょうど広場で始まった大道芸を見ることにしました。

見事なアクロバットと、身振り手振りや簡単な言葉での観客いじりもあって、国際都市ロンドンだわねーと感心しきり。ショーの後、些少ながらおひねりを渡しました。

すごく楽しかったよ、と伝えると、ニパッと笑って「Thank you!」と返してくれました。

その後も広場では次々と大道芸が始まり、ダンスあり、パフォーマンスありで、いくつかを眺めながら再びぶらぶら歩きです。

すると、かの有名な五つ星ホテル「The Savoy」があるではありませんか!

f:id:mikawayaemi:20171224215948p:plain

こちらのホテル、泊まるところにこだわりのない私がなぜ知っているかというと、大好きな映画に登場するからなのです。

英国王のスピーチ」でアカデミー主演男優賞を受賞し、近年では「キングスマン」スーパークールな英国紳士スパイを演じたコリン・ファース主演!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007VYVIHC/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B007VYVIHC&linkId=2bd4f03e17d3092e64e7994dc0232d6b

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01EHDFJUQ/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01EHDFJUQ&linkId=147ef5e5e7061dbaf47c1e380739763f

ハリー・ポッター」でスネイプ先生を演じるアラン・リックマン出演!

実は「ダイ・ハード」の1作目にも出ているんだぜ!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KRTY2XU/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00KRTY2XU&linkId=569223bec8ef2aee4c75b94020f98a75

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000QX48E/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0000QX48E&linkId=90fe911cfd220451df60c2330388a580

チャーリーズ・エンジェル」が知名度高いけど、個人的には「悪の法則」がお勧めのキャメロン・ディアス出演!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005LK5P/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00005LK5P&linkId=267d9166694ee942fffbefd5b41e6a9c

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00OJ7T3JY/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00OJ7T3JY&linkId=523ac7d95e2aaa1e936ece3caa47ed6c

3者3様に魅力のある役者陣がモネの「消えた名画」をめぐって繰り広げる、軽妙洒脱にして度肝を抜かれるコメディ・エンターテイメント作品。

それが「モネ・ゲーム」だ!!!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DU1PON4/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00DU1PON4&linkId=4da76e319e7e76815fa1070df8b4395e

作品内で、上半身おしゃれスーツ・下半身パンツ一丁という魅惑の生足を披露するコリン・ファースが、ホテルの窓から抜け出して植え込みに落下するという間抜けにしてキュートなアクションを見せてくれたのがThe Savoyなんですよ。

f:id:mikawayaemi:20171224232904j:plain

これまた「映画と同じ!!!」と大興奮してパシャパシャ撮る私を、通行人が「なぜホテルを?」と不思議そうにじろじろ見てましたが構うものか。

偶然に発見したので感動もひとしおなのです。

ちなみにアラン・リックマン氏の全裸も拝見することが出来ます。ぽってり&モチモチしてて、ありがた可愛かったな・・・

ラッキーだったわとホクホクしつつ、そろそろテムズ川でも見ますかと大通りを右に折れ、ウォータールー橋へと向かいます。

f:id:mikawayaemi:20171224233302j:plain

ほどよい夕暮れ、橋の上に立ち、テムズに浮かぶ船を眺めながら頬を撫でる川風にあたります。

f:id:mikawayaemi:20171224233321j:plain

このとき突然、イギリスにいる嬉しさが胸にこみ上げてきました。

日本を発って約10日、やっとイギリスが体になじんできたのかもしれません。

ずっとここにいたい、帰りたくないと思ってしまった。

少し切ないけれど、これはきっと悪いことではないんだと思う。

そのままテムズ川沿いを歩き、ホテル最寄駅のBlackfriare方面へ向かいます。

f:id:mikawayaemi:20171224233813p:plain

途中にあるサマーセット・ハウスで、The World Illustration Awardsの展覧会が行われていました。

サマーセット・ハウスは古典主義的な建築様式の大規模な建物で、18世紀の終わり頃に建てられたそうです。

現在では政府関連機関や芸術・教育関連機関が入っているそうです。冬になると中庭がアイススケートリンクになり、ロンドンの冬の風物詩になっているらしいので、一度行ってみたいなー。

Somerset House |

毎年世界各国からイラストレーターが出品し、8つのカテゴリーに分かれていて受賞作品を決めている国際的な催しなんだそう。展示に関するパートナーをサマーセット・ハウスが務めており会場を提供しているため、ここで作品を見ることができるんですね。

World Illustration Awards – The AOI

ちらっと案内板を見てみたら、無料で入れるとのこと。姪っ子はイラストを描くのが好きだし、誘ってみてよければ明日にでも来てみようと考えながら、お散歩は続く。

テンプル教会を過ぎてしばらく進むと、なにやら由緒ありげな建物が。

控えめにかけられたプレートには「J.P.モルガン銀行」の文字。

これがかの、良くも悪くも有名なJ.P.モルガン銀行のオフィスなのね・・・

英国の日が長い夏といえども、あたりはすでに暗い時間になっており、さすがにオフィスに人気はありません。

これ幸いと中を覗いていたら、重厚感のある建物の雰囲気とは対照的に、近代的な設備が整えられた会議室らしき部屋の様子をうかがうことが出来ました。

「大きなシノギの匂いがするな・・・」

上記の意味が分からんという方は、原作:天王寺大、作画:渡辺みちおによる漫画「白竜」をご参照下さい。

「白竜」全21巻

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002DELDT8/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B002DELDT8&linkId=cf4a7d3f8db0136d531046b9d0207e11

「白竜 LEGEND」全46巻

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01LTI9XJ0/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01LTI9XJ0&linkId=2da730b85a2b7ad44d3910004163bed7

「白竜 HADOU」1~5巻(※6巻は2018年2月11日頃の発売予定)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4537135573/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4537135573&linkId=dc56c7682ce0a811fa9ba5c268634c7f

「白竜 LEGEND 原子力マフィア編」上下巻

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00WSB9J74/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=mikawayaemi01-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00WSB9J74&linkId=6c998994b087df33b776a823dd44ffdf

「白竜」初心者には、上下巻で手に取りやすいながら、内容が特濃の「白竜 LEGEND 原子力マフィア編」をお勧めしますぜ!

簡単に言うと、えげつない手段を用いて荒稼ぎした金の匂いがするぜ・・・てことです。

とっぷり日も落ちた頃、やっとホテルに戻りました。

帰り道の途中、イギリスに本部のあるスシチェーン「itsu」のサーモン巻きをテイクアウトで購入しました。

ちなみにイギリス英語では「Take out」ではなく「Take away」が一般的なようです。

サケの獲れる北海が近いせいか、新鮮でなかなか美味しい。北欧でもサーモンは美味しかったです。

デザートはベリー入りヨーグルト。これも好みの味でした。

他にもスシを売っているお店はありましたが、ここが一番気に入ったのでロンドン滞在中は何度か行きました。

スシ以外にもアジア料理というくくりで餃子とかもあって、新作の開発にも余念がなく、季節ごとにデザートを変えたりと、いろいろと工夫しているようなので、機会があったらお試しください。

www.itsu.comただ、私が魚の中でサーモンが一番好きだから、点が甘いという可能性はあります・・・

夕食後は溜まっていた洗濯物をまとめて洗い、部屋のそこかしこに干して就寝。

4日連泊するため、干したまま日中に気兼ねなく出かけることができるのです。

明日からはがっつりロンドン観光です。

2017年の更新は今回で最後になります。続きは来年ですね!

よいお年を。

チェスターぶらぶら歩き~後編 夏休み気分にひとさじの郷愁を添えて

チェスター観光後編は、旧市街を取り囲む城壁のコンプリートから!

昨日も城壁を歩きましたが、半分しか周れなかったため今日は残り半分です。

時計台が目印のイーストゲートから城壁に上り、反対周りを歩きました。

天気がよくて気持ちいいし、眼下の街並も可愛らしく、お散歩日和です。

f:id:mikawayaemi:20171130030251j:plain

城壁を歩いている間、ずっとおじさんが前にいて、城壁の写真を撮ろうと立ち止まるたびに、なぜかおじさんも写真を撮るために立ち止まったり、物思いにふけったりするので、もう一緒に映しちゃえと撮った一枚です。

f:id:mikawayaemi:20171130025513j:plain

風景写真になるべく人は入れたくない派なのですが、後で見てみると、この「なかなかどいてくれないから仕方なく人物も撮った」写真の方が思い出を呼び起こすことがあるんですよね。

ロシアのエルミタージュ美術館で撮ったイチャイチャカップル入りの「大使の階段」写真もそんな感じでした。

mikawayaemi.hatenablog.com「おじさんアンニュイやね」「金髪ってマジで日に透けると輝くね」など姪っ子と話しつつ、のんびり歩いていると、ディー川が見えてきました。

f:id:mikawayaemi:20171130031313j:plain

クルーズ船の乗り場があったりして、けっこう賑わっている。屋台や売店も出ていてリゾート感があります。

f:id:mikawayaemi:20171130045027j:plain

城壁から降りられるブリッジゲートで「もう疲れたからホテルに帰る」という姪っ子と別れ、さらに城壁を進みます。

f:id:mikawayaemi:20171130031945j:plain

チェスター城が見えてきました。

f:id:mikawayaemi:20171130032530j:plain

f:id:mikawayaemi:20171130042829j:plain

「え?小さくない?」と思いますか?私も思いました。

本来は当然もっと大きなものだったのですが、現存しているのはこれぐらい。今は一部が軍事博物館や裁判所として使われているそうです。

チェスター城は1070年位ウィリアム1世(征服王とも庶子王とも呼ばれる)により、モット・アンド・ベーリーという様式で建造されました。

モットは小丘(小山)という意味で、丘や小山に盛り土をして粘土で固めて、その時に土を掘り出すことによって周囲に堀を形成し、丘の頂上に木造または石造のキープ(天守)を造ります。そして丘は木造の塀で囲んで、貯蔵所や住居といった施設を建造したのだそうです。ちなみにベーリーの意味は外壁です。

モット・アンド・ベーリーは素早く建てられるのが特徴で、ノルマンディー公ギョーム2世によるイングランド征服(ノルマン征服ともいう)後のウィリアム1世(ウィリアム1世はギョーム2世でもあるのです、ああややこしい・・・)や、ノルマン貴族が数多く建築したそうです。

領地をめぐって群雄割拠した時代に流行った建築様式ということなんでしょうなー。

その後12世紀に石を用いて再建され、外壁も追加で建築されたとのことです。

13世紀にはウェールズ討伐の前線基地だったり、17世紀には王党派と議会派の戦いがチェスターまで及んだり、中世にさかのぼればヴァイキングの侵略を受けたりと、なかなか血なまぐさい歴史を持つ地なのです。

中を見学するには「Secret tour」というガイド付きのツアーに限るとのこと。

このツアーは月に2回だけ催行されており、現時点(2017年12月31日)では第一火曜日と第3木曜日の11時30分開始、時間は90分ほどだそうです。催行時期は4月初めから10月終わりまでとのことです。

最新情報は下記のサイトでご確認下さい。

Agricola Tower and Castle Walls Chester Castle | English Heritage

ツアーに関する詳細な情報は、チェスターのさまざまツアーを行っている団体「The Chester TOUR」のサイトをご覧下さい。

Secret Chester - Chester Walking Tours

サイトによると、The Chester TOURという団体は、きちんとした訓練を受けて英国政府の公認を受けた36人の方たちによって構成されており、地域の旅行会社や美術館、博物館、歴史遺産保全団体などと連携しているそうです。

チェスター城ツアー以外にも、いくつも面白そうなツアーがあります。料金も7~10ポンド(1000~1500円くらい)で良心的。

Chester Walking Tours - Fully Guided Tours of Chester

ゴーストツアーと動物園ツアーに心惹かれます!

Ghost Tours - Chester Walking Tours

Chester Zoo Tour - Chester Walking Tours

ただ動物園ツアーは15名からの団体のみだから、個人旅行では無理かなー。でも交渉してみたら、どこかの団体に入れてもらえるかも。

ダメもとで、とりあえず交渉してみると意外と上手くいく。海外旅行で得た最大の教訓です。

城壁を過ぎると、わりとすぐに普通の道路と合流したので、この辺りが区切りだろうと引き返しました。本当はもう少しあったようなのですが、警察署と競馬場があるくらいなので、まあよかったかなという感じです。

警察と競馬場に並々ならぬ興味がある方は、大きめの道路を横切るとまた城壁がありますので、行ってみて下さい。

引き返す時は城壁の上ではなく、並行する道を歩いてみました。

木々が並ぶ川沿いの道を、散歩する人あり、サイクリングする人あり、ベンチで軽食を食べる人あり、この国で多くはない好天の夏をエンジョイする人々はどこか浮かれていて、つられた私も久々に夏休みの浮かれた気持ちに浸ります。

城壁に沿った道なりを歩くと、川を離れてまた市街に戻りました。

やがて右手にローマ円形劇場跡が見えてきます。これ、一応ガイドブックにも載っていますが、なんというかこじんまりしていて、遺跡っぽいものがある公園くらいの規模です。

f:id:mikawayaemi:20171130070153j:plain

f:id:mikawayaemi:20171130072746j:plain

子供たちが遺跡に登って遊んでたりする。

f:id:mikawayaemi:20171130070204j:plain

実は今回のブログの一番最初に乗っている写真に、上から見た劇場跡が写っているんです。右下ですね。

f:id:mikawayaemi:20171130030251j:plain

芝生に寝転んで日向ぼっこしている人もいて、市民の憩いの場という雰囲気なので、これはこれでいいのかもと思いました。

街中を散歩しつつホテルに戻ると、自由行動していた母も、先に帰った姪っ子も部屋で休憩していました。

そろそろ夕食の時間でしたが、まだ昼のフィッシュ&チップスが持たれていてあまり食欲がない。

しかしながら、母がTESCOで買ってきた出前一丁の袋めんを見て、猛烈に食べたくなり速攻で買いに行きました。

日本のパッケージとは違って、なんかメタリックなカラーリングの袋に入っており、いくつかある中のSoysource(しょう油)味を購入。

写真に撮っておけばよかったと今は思うのですが、その時は早く食べたい!と夢中で・・・

キッチン付きの部屋ではなかったので、ちゃんとした調理は出来ないのですが、半分に割った麺をマグカップに入れ、熱湯を注いでフタ(部屋に置いてあったバインダーを使用)をして数分待つと、かなりいい出来上がり具合になりました。スープも半分残しておくのがポイントです。そうしたらお代わりできますから。

すごく!美味しかった!

さほど日本の味が恋しいと思っていないつもりだったけど、やっぱり食べ慣れた味はいいもんでした。

出前一丁で気が抜けたのか、食後の歯磨きをしたら眠くなり、10時くらいには寝てしまいました。昨晩は夜更かしして姪っ子とトークしてましたしね。

明日はロンドンへの移動日。チェスター駅を12時35分発だから、ゆっくりでも大丈夫。

ロンドンに4日泊まった後は、母と姪っ子は帰国し、私の1人旅が始まります。

旅もいよいよ後半です。

では。 

チェスターぶらぶら歩き~前編 街にも人にも時は流れる

チェスター2日目の朝。今日は一日街を観光です。

イギリス国内で最も人気があると言われているチェスター動物園に行こうかという話も出たけど、500エーカーという広大な敷地(なんと東京ドーム約43.46914個分!)を歩き回る体力が母と姪っ子にはないこと、オンラインで安くチケットを買っても16.36~23.63ポンド(約2329~3364円)とそこそこ高額なこと、という理由により今回は見送りました。

1人なら行ってたけどね・・・私という案内役なしに2人だけで観光をするのは難しそうだったのもあり、あきらめました。

でも次回は絶対行きます!

チェスター動物園の魅力は何かというと、やはり動物の展示施設や放飼場に檻も柵もなく、堀や水路が使われていて、より自然な姿を見ることが出来るのです。

開園から閉園まで丸一日いても、きっと飽きない・・・しかしそれはコアな動物好きだからこそであって、そんなに興味のない人を付き合わせるのも申し訳ないなーというのもあったのです。

チェスターの街自体もよかったし、必ず再訪します!

www.chesterzoo.orgTESCOで買ったクロワッサンなど食しつつ、ぼんやり決めたプランは

①チェスター大聖堂を見る

②フィッシュ&チップスを食べる

③バーゲンセールでお買い物

の3本です。

まずは街の中心部にあるインフォメーションセンターで地図&パンフレットをゲット。

表紙はチェスターならではの黒い木枠がイメージされた、レトロで可愛らしいデザイン。

f:id:mikawayaemi:20170907210220j:plain

中身は街の地図と、歴史についての解説やガイドツアーの申し込み先など、観光に役立つ情報が詰まっています。

f:id:mikawayaemi:20170907210357j:plain

f:id:mikawayaemi:20170907210627j:plain

これで2ポンドくらいだった気がする・・・紙質がしっかりているし、記念としても資料としても手元に置いておけるのでお勧めです。

インフォメーションセンターには、この他にもブックタイプの観光ガイドもありますので、お好みと予算に応じて選べるのが楽しいです。

こちら、1階にインフォメーションセンターが入っている建物です。目の前が広場になっており、大道芸の人がいたりして賑やかな雰囲気。

f:id:mikawayaemi:20171025025701j:plain

向かいには、街のランドマークともいえるチェスター大聖堂がそびえています。

f:id:mikawayaemi:20170912231319j:plain

大聖堂前には赤いポピーの造花で作った花輪が供えられていました。

f:id:mikawayaemi:20170912231347j:plain

イギリスでは、赤いポピーは戦没者への追悼の意を表す花とされています。

その由来は、イギリス連邦に属するカナダの医師であり詩人でもあったジョン・マクレーの詩「フランダースの野に」にあるそうです。

第一次大戦に軍医として従軍したマクレーは、最大の激戦地となったフランスのフランドル地方に赴き、大学教授時代の教え子の死と直面します。そして、遺体を埋葬した際に目にした、戦火によって荒廃した大地に無数に立ち並ぶ兵士たちの墓と、咲き乱れる赤いポピーの花という光景をもとに一編の詩を編んだのです。

  フランダースの野に ポピーの花がそよぐ

  幾重にも並ぶ十字架の間に

  僕たちの場所と印された地に

  ひばりは今も 勇敢に飛んで歌う

  砲音の轟く中 その声はかき消されても

  (ジョン・マクレー作 『フランダースの野に』より)

作者自身もまた、その後に戦死したそうです。

興味を持たれた方は、詩の全文をネットや書店などで探してみて下さい。いたましくも、美しい詩です。

イギリスでは、第一次世界大戦の休戦日にあたる11月11日を英霊記念日と制定しており、同大戦以降のイギリス軍が関与したあらゆる戦争及び紛争の戦没者を追悼する日としています。

毎年11月になると赤いポピーの造花を胸に付けた人々をあちこちで見かけられるようになるのですが、私がイギリスを訪れたのは8月末でしたから、大聖堂に赤いポピーが供えられていたのは意外でした。

ポピーの花輪はまだ真新しく、そういえば8月は第2次世界大戦が終わった月だったなと思いました。

あるいは、違う戦争で命を落とした人たちに捧げられたのかもしれません。今もどこかで戦争は続いており、誰かが亡くなっているのですから。

大聖堂の中は静かで、照明も限りなく絞られているため、ほどよく暗く、自然光を透かすステンドグラスの輝きがいっそう映えます。

つたない写真では素晴らしさを伝えられないのが残念ですが・・・

f:id:mikawayaemi:20170913002354j:plain

f:id:mikawayaemi:20170913002409j:plain

f:id:mikawayaemi:20170913002428j:plain

f:id:mikawayaemi:20170913002445j:plain

以前に聞いた話によると、教会で聖書の教えを図像化したステンドグラスが用いられているのは、かつて文字を読めなかった信者にも分かりやすく内容を伝えられるようにすること、また視覚的に天国を疑似体験させる効果があるためだそうです。

確かに信者ではないどころか、無神論者の私でも胸を打たれずにはいられない荘厳な雰囲気でした。

絵を描くことが好きで、最近は美術に興味を持っているらしい姪っ子は

「きれい・・・来てよかった・・・」とつぶやいていました。

そう思ってくれて、本当によかった。

世界は自分の頭の中よりも広く、とてつもなく美しいことも、とてつもなく残酷なことも、どちらも起こりうるんだと、私たちはその狭間を揺れ動きながら生きているんだと、知ってもらえたら嬉しいと考えていました。

彼女と同じように10代の女の子だった頃、自分のいる世界が狭いことも、出て行こうと思えば行ける外の世界があることも、そのためにはどうすればいいかも、分かっていませんでした。

あの時にそれがあれば、もっと楽に息ができたであろう小さな窓を姪っ子にあげられたなら、こんなに喜ばしいことはないなと思うのです。

姪っ子の成長に思いをはせつつ、しんみりしていたところ

「ねえねえ、あれはなに?」

と聞かれました。

f:id:mikawayaemi:20171025064845j:plain

「パイプオルガンじゃよ、教会音楽には欠かせない楽器じゃよ。バロック期にオルガン文化は全盛を迎えたんじゃよ」

「へー。あれは?」

f:id:mikawayaemi:20171025065544j:plain

「キリストの誕生を祝いに訪れた東方の三博士じゃよ、聖書にもあまり詳しくは書かれていないんじゃよ」

「へー。あれは?」

f:id:mikawayaemi:20171025070101j:plain

「神父様がミサで聖書を読む時に置く台じゃよ、じゃっかんの厨二感を匂わせているような気がするが、こっちが本家なんじゃよ」

「へー、そうなんだ」

姪っ子や、君は私を簡易ウィキペディアか何かだと思っていないかしら?

「どこを撮っても絵になるねえ」

「そうだねえ」

f:id:mikawayaemi:20171025070511j:plain

f:id:mikawayaemi:20171025070712j:plain

f:id:mikawayaemi:20171025070729j:plain

ぐるりとひと回りしたところで発見した、レゴで製作するチェスター大聖堂(途中)

f:id:mikawayaemi:20171025070850j:plain

これ設計とか作業の手間を考えると、気が遠くなるわ・・・

レゴブロックのイベントが開催中らしく、子供たちがレゴで遊べるブースがありました。ちょっとやりたかったけど、大人だから我慢。姪っ子は「別に」だそうです。もー、思春期まっただなかめ!

そういえば、いろんなガイドブックや旅ブログでお馴染み、各国の言葉で書かれた「チェスター大聖堂へようこそ」を見ましたよ。

一番上にある日本語のやつ、「そこでスペース開けるかね?」な書き方にニヤニヤしてしまった。

f:id:mikawayaemi:20171025071155j:plain

あ、忘れてましたがチェスター大聖堂は入館料無料です。ただ寄付は募っていますので、お気持ちに応じた金額を募金箱へどうぞ。

また、併設されたギフトショップはなかなかの品ぞろえでした。ゴシックテイストの入ったアクセサリーや文房具、インテリアグッズなど、見ているだけでも楽しく、姪っ子は大喜びして自分用のお土産を買いこんでいました。

私が購入したのはこちら。英国王室の歴史豆知識を400話つめこんだ本です。愛憎ドロドロ&血みどろエピソードてんこもりで、かなり面白い。

f:id:mikawayaemi:20171025072628j:plain

ショップには英国の歴史に関する書籍を置いた一角があり、第一次大戦・第二次大戦時の豊富な写真資料が収録されたものもあったりして、いろいろ迷った末にこれに決めました。セールで10ポンドだったし。

次に行く時には、ごそっと買いこんじゃおうかな。

ちなみにショップのすぐ近くにトイレがあります。けっこう広くてきれい、無料なのが嬉しいです。こういうトイレは本当に貴重なので、機会を逃さずに入っておきました。

大聖堂を出た後は、お腹も空いてきたことだし、広場に面したお店でフィッシュ&チップスをいただくことに。

オープンテラスでこじゃれた感じの店構えで、けっこうお客さんが並んでおり、期待は高まります。

f:id:mikawayaemi:20171025073603j:plain

カウンターで注文してから、席に座って待っていると持ってきてくれるシステムでした。

内装も可愛いね、とこの時点では我々は浮かれていた。

f:id:mikawayaemi:20171025074021j:plain

そして届けられたブツ。

f:id:mikawayaemi:20171025074055j:plain

なかなかのサイズ感です、幅20センチくらいあったような。ケチャップとマヨネーズは有料です。でも付けないと無味なので、忘れずにもらって下さい。

勘のいい方はお察しの通り、おいしくなかったです・・・

油でギットギトで、衣がべちゃっとしてて、ものすごく胃にもたれます。

アンブルサイドで食べたフィッシュ&チップスがおいしかっただけに、ガッカリ感がハンパない。

「これはあきませんな・・・」

「ですな・・・」

とテンション低くもさもさ食べ、案の定残し、足取り重く店を出たのでした。

でも外に出ればお日様ピカピカだし、とりあえずお腹は満たされたし、街中セールで70%OFFの景気のいい赤札が貼られまくってるし、おりゃっ!!と気合を入れ直してバーゲンハントに挑むのでした。

可能であれば、バーゲン時期にイギリスに行くのをマジでお勧めします!

旅の間がシーズンど真ん中で、エジンバラからロンドンまで南下しましたが、どこの街でもだいたい70%OFFに値下げされていました。

ここまで大胆な値下げ率は日本ではあまり見られない気がします。あってもバーゲン終わり頃の、いいものがもう残ってない時とか。おかげでかなりお安くいろいろ買えました。

ピアスをいっぱい買いこんだお店で、店員さんがラッピングをしてくれながら「ラ~ブリ~❤ラ~ブリ~❤」と歌うように唱えていたのが印象的でした。

姪っ子との間で店員さんのモノマネがしばらく流行りましたね。すごく特徴があったので。今でもやってしまう。

「Lovely」はイギリスでよく使われるカジュアルな褒め言葉ですね。老いも若きもよく口にします。「いいね」くらいの感じでしょうか。

「Nice」とか「Fine」よりポピュラーみたいです。

お買い物の後は、2人で町ブラして、疲れたとホテルに帰った姪っ子と別れてさらに1人でお散歩を続けました。

少し長くなるので、いったん切りますね。次の更新はなるべく早めにしたいです。

では。

 

まったりハワースから、のんびりチェスターへ~イギリスにも回転ずしってあるんだね

部屋割りの都合でダブルベッドで一緒に寝たため、寝相の悪い姪っ子の裏拳により何度か起こされる夜をやり過ごし、無事に目を覚ますと、ベッドのはしっこで棒みたいにまっすぐになってました。

姪っ子は真ん中で大の字。ワンパクでもいい、たくましく育っておくれ・・・

昨夜は10時ごろには眠ったので、しっかりHPが回復している感じ。

寝ぼすけの姪っ子に声をかけて朝食をとるためレストランへ下りていきました。

朝食は前回もご紹介したこれ。

f:id:mikawayaemi:20170703175147j:plain

この黒いのなんだべさー、とボソボソ話していたら、お隣に座っていたイギリス人ご夫婦に「ブラックプティングていうんだよ」と教えていただいたり、たまたま近くにいた日本人ご夫婦にヒースの散策について説明したりと、和やかな時を過ごしました。

そういえば、トーストに塗るものを選んでいる時に、悪名高きマーマイトを発見したので試してみました!

ご存知ない方に、簡単にマーマイトの説明を。

ビールの酒粕を主原料としたペースト状の食物で、主にイギリスおよびニュージーランドで生産されています。イギリスのものは濃い茶色をしており、粘り気のある半液状で塩味が強く、独特の臭気を持つ、とされています。

かなりパンチの効いた味と香りのため外国人には受け入れづらいと言われていて、実際に日本やアメリカでは悪評が高く普及していないそうです。

確かにあまり売ってるのを見かけないですよねー。

しかし私は事前にイギリス在住の、うめだまりこさんの本「渡英2年うめだまのイギリス自由帳」にて、美味しいマーマイトの食べ方を予習済みなのですよ・・・

渡英2年うめだまのイギリス自由帳 | うめだ まりこ |本 | 通販 | Amazon

こちらの本はフルカラーのコミック形式で描かれており、日本のゲーム会社を退職してイギリスで就職した作者の英国暮らしがつづられています。

読んで楽しいだけでなく、旅行にも役立つ情報があり、今回の旅行の前に熟読しました。

で、マーマイトに戻りますと、トーストにバターを塗ってから、うすーく延ばすように塗るとマジうまなのです!

マーマイトは味噌としょう油の中間のような味わいなので、しょう油バターというか、味噌バターというか、コクのある塩気がまろやかなバターと非常にマッチするんですなー。

塗り過ぎないのがポイントです。

本場ではスープに溶かしたりもするそうですが、みそ汁と考えると納得。

思い出すと食べたくなってきた・・・アマゾンでも買えるみたいなので、興味のある方はトライしてみてください。

私はさっそく取り寄せます!すっごく好きな味だったんです、ビタミン豊富で栄養価も高いらしいし。ただ好き嫌いはありますので、自己責任でよろしく。

http://amzn.to/2wVdtRS

朝食後、チェックアウトしてレセプションの方にタクシーを呼んでもらい、キースリーバスステーションへ。

今回も運転手さんはターバンを巻いた男性でした。とても無口な方だったけど、すごくスムーズな運転でベテラン感がありました。

料金は6ユーロ。ホテルからキースリーの鉄道駅よりもバスステーションまでの方が少し近かったかもしれません。

調べたところ、鉄道駅とバスステーションの間は徒歩10分くらいみたいです。

バス停はショッピングモールの中にあり、プラットホームがAからPまである大きなところでした。

f:id:mikawayaemi:20170828184510p:plain

待合所に売店があって軽食が買えるのと、無料のトイレがあるのがありがたい!

トイレは有料の所が多いので、これは貴重です。

f:id:mikawayaemi:20170427055437j:plain

待合室のようすです。広くてきれい、田舎のせいかのんびりした雰囲気でした。

少し定刻を遅れて出発するも、やはり早めに乗り換え地点の街Leeds(リーズ)に到着。

遅れて出発⇒その分飛ばすから早めに到着、はもはやイギリスのバスの仕様ね・・・

リーズはブリテン島の真ん中あたりにある大きな街で、映画『ロード・・オブ・ザ・リング』の原作『指輪物語』を著したJ.R.R.トールキンが教鞭をとっていたという、英国で有数の規模を誇るリーズ大学があります。

f:id:mikawayaemi:20170828202928p:plain

 

www.leeds.jpamzn.to

amzn.toバスの車窓から眺めるかぎりでは、やはり学生さんが多くて賑やかだなと感じました。あとはいろんな場所にグラフティの落書きがあったり、ちょっと治安が悪そうな一角があったりと、一気に都会に来たという印象です。

下りたバス停はナショナルエクスプレスの専用ステーションでした。

乗り継ぎ便を待っている間、大きな荷物を抱えて1人でいる中国人女性に話しかけられました。中国の方は基本団体で旅行するので、年配の女性が1人でいたということは仲間とはぐれたのかもしれません。

心細くなっていたところ、同じ東洋人を見かけて嬉しくなったのでしょう。ニコニコしながら近づいてきました。

がっつり中国語だったため、唯一知ってる中国語で「对不起 我是日本人(ごめんなさい、わたし日本人なんです)」と答えました。

「はぐれたんですか?英語を話しますか?」と英語で聞いてみましたが、ちょっと困った笑顔で首を振るご婦人。

うーん・・・どうしよう、とお互い考えている空気が流れ、また明るい笑顔に戻ったご婦人は、手を振って去って行きました。

もっと出来ることがなかったかな、と時々思い出します。時間はあったんだし、言葉が分からなくても一緒に探してあげることは出来たのでは?

旅行中、いろんな所でいろんな人に助けてもらったのに、自分はそう出来なかった後悔があるんですよね。なので、日本に帰ってから海外からの旅行者に道などを尋ねられた時には、全力で応えるようになりました。

イギリスから帰ってきて1年の間に2回だけ経験しましたが、すっごく晴れ晴れとした気分になれます。「情けは人のためならず」とは、昔の人はいいことを言ったもんですなー。

さて、リーズからチェスターまで、またナショナルエクスプレスで移動。だんだん空が晴れていって気持ちよかったです。

チェスターは城壁に囲まれた街で、特徴的な黒い木組みが可愛らしいです。

f:id:mikawayaemi:20170828214230j:plain

f:id:mikawayaemi:20170828214305j:plain

f:id:mikawayaemi:20170828214635j:plain

チェスターのバスステーションからホテルまでは歩いて10分くらい。

宿泊したのは、Bridge Street Townhouse

こじんまりしたレンガ造りの建物で、高さはありませんが敷地が広く奥行きがあり、何棟も客室があります。

f:id:mikawayaemi:20170828215310j:plain

お値段はトリプルルーム1泊115ポンド(約16000円)ですから、まあまあリーズナブル。必要最低限のアメニティはそろっており、バス&トイレが広いのもポイント高いです。パネルヒーターがあって洗濯物が乾かせるのもいい。

ちなみにレセプションのお兄さんが色男です。イケメンていうより、艶っぽさのある「色男」という表現がしっくりくるハンサムガイでございました・・・眼福。

Bridge Street Townhouse (イギリス チェスター) - Booking.com

食事は付いていないため、お馴染みのスーパーTESCOで調達しました。

とりあえず荷物を置いて散策へ。途中で見かけた回転寿司屋「yo!sushi」に入りました。その後あちこちで見かけたので、チェーン店のようです。

f:id:mikawayaemi:20170828221447j:plain

最初はこの看板に惹きつけられました。

声に出して読みたい日本語「夏 可愛い 美味しい フレッシュ」

f:id:mikawayaemi:20170828221504j:plain

そんなに食欲はそそられないけど、ポップなイラストもキャッチ―。

f:id:mikawayaemi:20170828221519j:plain

こんな感じで寿司が回っております。

f:id:mikawayaemi:20170828222407j:plain

巻きずしにサーモンを乗せて七味を振りかけたやつが美味しかった!ただ私は無類のサーモン好きなので、参考にならないかも。

f:id:mikawayaemi:20170828222420j:plain

さすがに値段は日本の倍くらいしました・・・

日本茶があって、無料で飲めたのは嬉しかったです。久しぶりの緑茶でホッとしたー。

しょう油皿の「yo!」が可愛い。しばらく姪っ子との間でラッパー風に「yo!sushi」(yo!という時に動きをつける)と意味もなく店名を言うのが流行りました。

食後は引き続き散策。

大時計の下にある階段から城壁に上り、ぐるりと歩いてみました。

f:id:mikawayaemi:20170828223409j:plain

昔ながらのお家あり、広い芝生のある公園あり、運河ありと、景色に変化があって飽きません。

f:id:mikawayaemi:20170828223847j:plain

f:id:mikawayaemi:20170828223915j:plain

f:id:mikawayaemi:20170828223933j:plain

陽気なカップルに写真撮影を頼まれ、仕事で写真を撮ることもある身としては張り切りました。

画角を考え、2人と風景がバランスよく収まるようにと気合を入れた1枚に、2人とも「Beautiful!!」と喜んでくれました。善き哉。

かつて見張りの人が使っていたという詰所。寝泊まりするには狭そうだった。

f:id:mikawayaemi:20170828223946j:plain

当時使われていたガス灯。後ろを歩いていたナイスミドルが、どうやって点灯していたか説明しているのを聞けてラッキーでした。

f:id:mikawayaemi:20170828225002j:plain

移動の疲れもあり、夕方にはホテルに戻ってテレビを見つつのんびり過ごしました。

滞在中、よく見ていたのが公共放送のチャンネル4。若者やマイノリティ、知識層などを対象にした番組構成で知られているそうです。

All 4 | The on-demand channel from 4

ニュースもやれば、バラエティもあり、コメディドラマも映画もありとバリエーションに富んでおり、同じ番組をリピート放送してくれるため、次第に慣れて聞き取れるようになり内容も分かってきて、より楽しめました。

これを続けたら、リスリング能力が飛躍的に上がりそう・・・サイトから番組が見れるようなので、ちょっと頑張ってみようかしら。

と思ってサイトを探っていたら、めちゃくちゃ見たかった「Queer as Folk」が見れるじゃないですか!でも再生ボタンを押しても動画が始まらないんだけど・・・いろいろやってみたが無理でした・・・

さらなる調査の結果、イギリス国内でしか視聴できないと分かりました。無念でござる。

もう大人しくDVD買います。UKシリーズのコンプリートコレクション買っても送料込みで5000円切るしな。

amzn.to話を戻して、まったりチャンネル4を見ながら姪っ子と夜中まで語り合いました。

将来のこととか、けっこう踏み込んだ話もしたりして、これもまた旅の醍醐味。

明日はチェスターを観光して、もう1泊するから移動もないし、ようやく落ち着けた気がします。

3人での旅は半分が済んだというところ。まだまだこれからです。

次回はチェスターの王道観光です。

では。

 

 

ハワースまったり観光~ブロンテ博物館とこってり飯、そして犬

ハワースの昼下がりは、光に映える緑の丘が美しかった。

f:id:mikawayaemi:20170703171644j:plain

ホテルは急な坂の途中にあって、上るのは大変だけど眺めはいい。

f:id:mikawayaemi:20170703200649j:plain

泊まったのはThe Fleece Inn、フロントがなくて1階のパブレストランのカウンターでチェックインするという、ちょっと変わったシステムでした。

f:id:mikawayaemi:20170703173511j:plain

外観はこじんまりしてるけど内装がすごく可愛く、バスルームは広くてアメニティも充実していて、ウェルカムおやつ的なクッキー&チョコレートがガラス瓶にたくさん入ってるのも嬉しい。お菓子は素朴な美味しさでした。

2台設置されているオイルヒーターで洗濯ものを乾かせるのも地味に助かります。

f:id:mikawayaemi:20170703173727j:plain

f:id:mikawayaemi:20170703173747j:plain

フリースイン (イギリス ハワース) - Booking.com

朝食込で1泊3人が135ポンド(20000円弱)だから、料金から考えるとかなり贅沢なお部屋です。料理もおいしく、おすすめの宿です。

こちらが夜ご飯にホテルのレストランで食べたオニオン&チーズパイ的なものポテト添え。

f:id:mikawayaemi:20170703175254j:plain

チーズが濃厚で美味しい!・・・けれども量が多くて味も濃いので食べきれなかった。喉がね・・・「もう無理です」って門を閉めました・・・

ただ味はいいんですよー。お酒が進みそう。あとポテトはさすがの旨さでした。

実はホテルの周りに夜ご飯を食べに行ける店がないんですね。観光客向けの軽食を出すレストランも夕方には閉まってしまいます。

さらにスーパーもキオスクも近隣にはなく、そこは少し不便です。

ハワースの鉄道駅近辺にはあるのかもしれませんが、私たちはキースリー駅からホテルまでタクシーで乗り付けたため、残念ながら生活の場としての町の様子をちゃんと見れていなので分からないです。

今調べたところ、駅の近くにコンビニSPARがあるみたいです。そこまで行けばご飯を食べられるお店がいくつかありますね。サンドイッチ屋さん、インド料理、イタリアンなどなど。ハワースに行かれる方はご参照下さい。

ただし営業時間にはご注意を。観光地でも意外なほど早く閉まったりします!

f:id:mikawayaemi:20170703182931p:plain

ちなみに私の愛する庶民派スーパーTESCOはキースリーまで行かないとないらしい。

そしてこちらが朝食。

f:id:mikawayaemi:20170703175147j:plain

ワンプレートでこのセットが出てきます。トーストを別に持ってきてくれて、焼き加減などを聞いてくれます。

上の方にある黒い円形のものは、ブラッドソーセージです。豚の血を主原料にしているため味に癖があります。まずくはないけど、完食できなかった・・・

朝食の定番らしい焼きトマトとビーンズには、そろそろ慣れてきました。

飲み物やジャム、果物やシリアルはレストランの中に置かれた台に並べられていて、ご自由にどうぞでした。種類が豊富で量も十分あり、もらったリンゴを後でおやつ代わりにしました。

少し時間を戻して、チェックインしてから本来の目的であるブロンテ博物館へ向かいました。

f:id:mikawayaemi:20170703204352p:plain

ホテルの前の坂道をトコトコ上り、教会が左手に見える小道を左折します。

f:id:mikawayaemi:20170703204732j:plain

f:id:mikawayaemi:20170703204750j:plain

ちょうど女の子が道の奥へ駆けていきました。

f:id:mikawayaemi:20170703205029j:plain

10分と歩かずに到着、裏手には駐車場があるそうです。

Bronte Parsonage Museum

基本は毎日開いていて、開館時間は4月から10月が10時~17時半、11月から3月が10時~17時、元日だけ12時~17時です。

2017年12月24~27日、2018年1月2~31日が休館日という情報が2017年7月時点で公表されていますが、最新情報はサイトでご確認下さい。

入館料は大人8.5ポンド、学生6.5ポンド、子供4ポンド(5歳以下は無料)です。

人数によってはファミリーチケットの方がお得です。大人2人と子供4人までは20ポンド、大人1人と子供1人なら10ポンドで入れます。

受付では無料の日本語パンフレットをもらえます。ペラッとした薄いものですが、展示物の簡単な説明が書かれていますので、忘れずにもらいましょう。

館内は写真を撮ることができます。正直私はあまり興味がなかったため、母に指示されるままにパシャパシャ撮りまくってました。

いくつか載せますので、興味のある方へ。

f:id:mikawayaemi:20170703215941j:plain

リビング的なスペース

f:id:mikawayaemi:20170703220053j:plain

台所、とても狭い

f:id:mikawayaemi:20170703220113j:plain

当時の服装。コルセットでそうとう締めつけて着るんだろうな・・・

f:id:mikawayaemi:20170703220127j:plain

ブロンテ姉妹が赤ん坊の頃寝かされていたらしいベッド

f:id:mikawayaemi:20170703220143j:plain

ブロンテ姉妹の父親が亡くなった時に使用していたベッド。思いのほか小さい

ミュージアムショップはなかなかの充実ぶりです。切り絵風のブックマーカーがシックで素敵。お値段も安いのでバラマキ土産には最適かも。

ブロンテ博物館を訪れるという長年の夢が叶って浮かれる母は「そんなに?」とビックリするくらい買ってました。

博物館を出たところに2匹の犬を連れたお爺さんがいて、犬と遊ばせてもらえた。

f:id:mikawayaemi:20170703223520j:plain

かわゆい。

f:id:mikawayaemi:20170703223531j:plain

もう一度言う。かわゆい。

お爺さんは近所にお住まいで、博物館は散歩コースなのだそう。2匹とも体は大きいけど人慣れしていて優しく、わしゃわしゃ撫でさせてくれました。シェパードっぽい子の方がやんちゃで、なかなか上手く写真が撮れず、お爺さんが「Stay!」と言い聞かせてやっとまともなのが撮れました。

しかしこの直後に、またもワフワフくっついてきた。三度目だが言う。かわゆい。

ハワースに来たからには「嵐が丘」で有名なヒースが見たいということで、観光案内所で地図をもらい、散策しつつ探すことにしました。

教会と墓地に挟まれた裏道を抜けていくと、

f:id:mikawayaemi:20170703224720j:plain

f:id:mikawayaemi:20170703224739j:plain

草に覆われた小道に出ました。

f:id:mikawayaemi:20170703224756j:plain

小道を抜けると開けた野原に着きました。野原から町を見下ろす眺めは壮観。

f:id:mikawayaemi:20170703225744j:plain

この野原はヒースをめぐる散策コースの出発点になっているようです。いくつかのコースを示す看板が立てられており、トレッキング風の装いをしている人たちを見かけました。

膝の悪い母と、疲れやすい姪っ子がここらで音を上げたため、これ以上の散策はせずに引き返すことに。

写真ではまだ明るいですけど、夏のイギリスは日が長いので、もう18時は過ぎてます。

ホテルに戻ってひと息つくと、夕ご飯にちょうどいい頃合いでした。

こってりめ&量が多い食事でお腹をパンパンに満たし、久しぶりにゆっくりバスタブに浸かれたお風呂の後は、バタンキューで眠ってしまいました。

各種交通機関を乗り継いだ長距離移動で、気が張って疲れていたのでしょうね。

ダブルベッドを姪っ子とシェアして使っていたため、寝相の悪い姪っ子に夜中顔をバンバン張り倒されて何度か起きました・・・

寝顔は天使だから許すけどな!

明日はチェスターまでバス移動。今日ほどは長時間じゃないから気楽です。

チェスターでは連泊して、のんびりお買い物もしたので、もう少し町の情報もお伝えできると思います。

では。